ストレッチ

  • HOME >
  • ストレッチ

ゴルフされる方に最適!スイングが楽にできる身体作り

RIRE(リール)ではボディメトリクスと呼ばれるストレッチ器具と、テラセンサを交互に使ったサーキットプログラムを専属トレーナーの元最低3回受けて頂きます。それ以降はストレッチ器具等はフリーでご利用する事が可能です。

ボディメトリクス

上半身用の機材2種と下半身用の2種を使う事で筋肉の柔軟性を上げ、関節可動域の増大につなげます。
ボディメトリクス
飛んで曲がらない秘密は肩甲骨&股関節
上半身のストレッチ 肩甲骨の可動域を広くする事で、上半身が力まず自然と捻る動作ができるので、身体にパワーを蓄える事ができます。
下半身のストレッチ 股関節を強化する事により自然なテークバック、重心移動→体重移動がスムーズに行えます。その動きを常に行うことで、方向性の安定につながります。
30分行うだけでヘッドスピードと飛距離がアップ!
ヘッドスピード 飛距離
ボディメトリクス実施前、実施後(30分間)に男女25人のドライバーのヘッドスピード、飛距離を測定。(実施前・後それぞれ3回の平均数字)

データ提供:株式会社ボディメトリクスジャパン

テラセンサ

表面が浮き沈みのある凸凹面になったトレーニングマットを使用しております。
1cmごとに形状が異なるのでシンプルなウォーキングでも脳から足の指先までの神経筋と感覚運動のシステムを刺激します。
テラセンサ
不規則なマット上での運動でバランストレーニング
テラセンサ

あらゆる姿勢の変化に伴う微調整は筋肉内・そして筋肉間の協調を生み、脳の重要な制御機能を発達させます。バランス感覚を養うと共に体重移動による重心の安定感を向上させます。